レオくんの股関節手術

気軽にお立ち寄りください

レオくんの股関節手術

レオくんは、同居の子とじゃれているうちに、突然右後ろ足を痛がって着かなくなってしまいました。
レントゲン検査などの結果、股関節脱臼と診断されました。
股関節脱臼は、写真のように太腿の付け根の骨頭が、骨盤から脱臼してしまう状態です。
治療をしないと、痛みが続いたり、歩行困難になってしまいます。
2011060710015267fs
今回は、痛みを起こしている骨頭を切除して、周りの筋肉で関節を固める、骨頭切除という手術をさせていただきました。
手術の治りがより良くなるようにPRPという再生因子(傷の治りを良くする物)を、レオくんの血液から作り出して、縫合時に注入します。

術後1週間から足を着き始めて、2週間目には正常に歩けるようになってきて、経過も順調です。
ご自宅でのリハビリも効いています。
レオくん頑張りました!
FA1B9686-06AF-4307-A13E-F493CCC5515A

Updated: 2018年8月14日 — 12:26 PM